toggle

ごあいさつ

皆様 こんにちは 平野達司(たつじ)です。ホームページをご参照いただきまして誠にありがとうございます。

また、平素より父 平野昌司にご支援・ご厚情賜り厚く衷心より感謝申し上げます。

昨年1月早々から長年皆様からお世話になった父の跡を継いで今春行われました地方統一地方選挙神戸市会議員選挙(兵庫区選挙区)を目指して活動を続けてまいりました。

そして、4月7日の統一地方選挙神戸市会議員選挙(兵庫区選挙区)におきまして、多大なるご支援、ご声援をいただきまして当選させていただきました。

本当に感謝と御礼申し上げます。

それぞれの地域で行われる夏祭りや盆踊り、寒い時期の餅つき大会など積極的に参加いたしました。また区内の各神社の例大祭や神輿やだんじりは地域のお子さんと一緒になって担ぎました。
『地域の皆さんとともに』がどれだけ大切か肌で実感いたしました。
その時その時に言われる一言が、今地域で何を求めているか、何が問題なのかを短いやりとりの中で示唆してくれています。

こうした声に耳を傾けるのが政治なのだと教えられました。

早朝のラジオ体操は元気な皆様のパワーに魅せられ若い者にとっていい刺激です。
各種団体の会では問題提起は幅が広く大変勉強になります。

こうして毎日毎日が新鮮で充実した活動を続けています。

その中で、若い世代の方が神戸へ、兵庫区へ住みたい社会の在り方をつくり、全ての年齢世代が交流し、住みやすい街づくりの実現を目指します。

今後の神戸のためにしっかりと努めて参ります。              何卒よろしくお願いいたします。

高齢になっても「今まで通り」暮らし続けられる街へ!

いくつになっても生きがいや居場所があり、これまで通りの暮らしを続けることができる街づくりを行います。ふれあい喫茶・給食、健康体操、グラウンドゴルフなどの取り組みに加え、子どもから高齢者まで世代を超えたイベントなどを考えます。医療や介護のサービスを充実させるとともに、介護ロボットなどのテクノロジーの力も活用します。

障がいがあっても「自分らしく」暮らし、働ける街へ!

目が不自由でも安全に渡れる交差点、車いすでも気軽に利用できるトイレ、障がいがあっても活躍できる職場・・・。障がいを持つ方々からお話を伺う中で指摘されたバリアを解消し全ての人が安心して生活することのできる、バリアフリー・ユニバーサルデザインの街づくりを行います。

安心して子どもを育て、ひとりひとりが輝ける街へ!

「地域の宝」である子どもたち。働きながらでも安心して育てることができるように、保育所学童保育、児童館などの子育て支援の充実と、地域のイベントやサービスなどの子育てに関する情報の周知を図ります。ICTによる遠隔授業の活用を検討し、教育の質の向上と教員の負担軽減にも取り組みます。

たくさんの人が集まる、活気と魅力のある街へ!

兵庫区には多くの市場・商店街、そして歴史的な資産があります。この魅力を全国に、さらには世界に向けて発信し、若手の起業家から海外からの観光客まで、たくさんの人が集まる街を目指します。将来は、バスの自動運転など最新のテクノロジーも活用し、交通アクセスの改善にも努めるなど、新しい取り組みにも積極的にチャレンジします。

「スーパーシティ構想」を実現し、誰もが暮らしやすい街へ!

将来を見据えて、いち早くA Iやビッグデータを活用し、キャッシュレス、自動運転、自動配送、渋滞緩和などの実現を目指します。医療産業都市との連携を図り、遠隔医療・遠隔介護を実施するとともに、災害時には医療コンテナを活用するなど、全国に先駆けた取り組みを実施し、いつまでも持続可能な街づくりを行います。

引き続き日々勉強しながら頑張ってまいりますのでどうかこれからもご支援ご指導をお願い申し上げます。